MENU

【経験者は語る】思い当たるパニック障害の予兆【こんなことがあったら注意です】

[char no=”3″ char=”悩んでる人”]「パニック障害になるの時って予兆あるのかな?」
「どんな予兆があればパニック障害になるんだろう?」[/char]

私、パニック障害になってからそれまでの日々を振り返って思ったんですが、
「こんなことが突然あったな~」っていうのがあったんです。

それを無視し続けていた(厳密にはたまたまだと思っていた)ために、
キャパを超えちゃって「パニック障害」っていうのになっちゃったんだと思います。

日々ストレス社会を生き抜く、現代人は要注意です。
私がパニック障害になった時に思い当たった「予兆」を書いていきます。
よろしければご覧ください。

スポンサーリンク
目次

【経験談】思い当たるパニック障害の予兆【こんなことがあったら注意です】

思い当たるパニック障害の予兆

これは私のエピソードなので、みなさんが必ず当てはまるってことでもないと思うんですが、
振り返って私が感じた「予兆」はこのとおり。

  1. 歩いていて突然吐きそうになる
  2. 心が苦しくなる瞬間がある
  3. 他人軸で生きることに疑問を持つがどうしたら良いかがわからない

それぞれ詳しく解説していきます。

1.歩いていて突然吐きそうになる

気持ち悪くなる瞬間もなく突然吐きそうになる

ってことなんですが、今思えば私物心ついた時からこれがありました。

  • 何か心配事があるとき
  • 不安を抱えているとき

こんな状況の時に、突然「オェ」ってなっちゃっていました。(本当には吐かないです)

自分的には、思い詰めてるつもりもないし、ふとした時に少し考える程度なんですが、
私の性格的に物事を深刻に捉えがちなんで、頭の中では「深刻なもの」としてカテゴライズされていたんじゃないかなーと思います。

この自覚なきストレスは後に病むことになるので、
こんなサインがあったら要注意ですね。

一回何もしない時間を作るとか、パートナーにただ話してみるとか「思いを吐き出す」何か行動をした方が良いです。

2.心が苦しくなる瞬間がある

等身大で生きることができず心が苦しくなる
これを読んでくれている方に聞きたいんですが、

会社でも友達関係でも、
そんなに偽りなく自分を出せていますか?

パニック障害になる直前の1年くらい、私は等身大で生きることができていませんでした。

当時、私は副業をしていたんですが、
副業を教えてくれている人からものすごい期待をかけられていました。

その期待は日に日に増していくわけですが、

当の私はというと、、、、、、
副業の熱が冷めていたんです。

それを正直に伝えられれば良かったんですが、

 

「場の空気を壊してはいけない」
「熱が冷めた自分が悪い」
「価値をちゃんと感じられない私が悪い」

 

こんなことを思って本当の思いを伝えることができず、苦しくなって
[char no=”1″ char=”PUCHI”]「このままだとどうかなっちゃいそうだな、、、、」[/char] と思うほどでした。

そこまで思ったなら辞めろよ!!!!

と思うでしょう?

「自分が悪い」って思いこんでいるので、
どうにか取り繕うと頑張る方向にいっちゃったんです。

パニック障害になった瞬間、
「これも1つの原因だったな」とやっと気づきましたね。

苦しく感じたら立ち止まって、
思っているコトに蓋をするんじゃなくて「心のままに生きるにはどうしたら良いか?」と、
素直に生きれる方向を探すのが良いです。

 

3.他人軸で生きることに疑問を持つがどうしたら良いかがわからない

人に嫌われるのが怖すぎて、相手に合わせる方が楽と思う

私は学生時代に2回転校を経験していて、いじめにあったことがありました。
「目立つ」というだけでとにかく攻撃されまくったので、人間関係に臆病になったんですが、

そこから、波風立てない人間関係にするため「他人軸」で生きるように。

例えばこんな感じで。

 

アクティブな人と会話する時、
本当は超絶インドアだけど、それをそのまま言うと「この人との会話つまんないな」と、
せっかく会話してくれているのにつまんない時間にしちゃうのが心苦しいので、
私の中の最大限アクティブな話を毎回やっているかのように話したり、、、、。。。

 

それは本当に意味ないことだし、「つまんないな」って思われたら思われたでしょうがないってわかっているのに、嫌われるのが怖すぎてどうしたら良いかわからない。

こういうのを悶々と繰り返していました。

学生時代のトラウマから、積極的に人と絡むことを辞めたので、
人付き合いの「正解」「一般的」がわからず、自分の判断に自信が持てませんでした。

こんな感じで、自分の本当の気持ちを閉ざして他人に沿う会話をするって、
めちゃめちゃ苦しいです。

その「苦しい」って気持ちは絶対に無視しちゃいけないですね。
パニック障害までいかずとも、必ず病みます。

「予兆無視」→「自分を大切にしない」ということ

これらの「予兆」があった時、

  • 私の捉え方が悪いから
  • 私の考えが浅いから

こんな風に思い込んで、コトを荒立てたくないって思いもあってその流れを正当化しようとしていたんですが、それって自分をおざなりにしちゃっているんですよね。

こんなこと言うと壮大すぎるかもしれませんが、

幸せになるために日々一生懸命生きていますよね。
自分を幸せにできないと、これから送る日々の幸せも絶対にないんです。

これらの予兆は、本当の自分から発せられた「SOS」なので、
絶対に無視せずに、一度自分の気持ちと行動がちゃんとかみ合っているかどうか今一度向き合ってみることをおすすめします!

人生一度きり。
最大限の幸せを自分でつくっていきましょう!

 

「パニック障害」まとめ記事はコチラ
↓ ↓ ↓
責任感・正義感強めの私が経験した「パニック障害」まとめ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

北海道出身、東京在住のアラサーで夫と2人暮らし。
旅行、グルメ、料理、靴、服が好きで、休みの度に夫と共にお気に入りのお店を見つけるのが共通の楽しみ。

過去にパニック障害で約3年間療養。そこから自分がエンパス、HSPの傾向が非常に強いと気づく。

体力は雑魚だけど、内に秘めるパッションは熱く、常に「人生をより楽しく豊かに生きるためには」について考えている。

とんでもなく内気だけど、人生に対しての野心は強めで、超絶好奇心旺盛。

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次
閉じる