こんにちは。PUCHIです。

悩んでる人

「パニック障害になっちゃって毎日苦しい。パニック障害を克服した人が書いている記事はないかな?」
「実際にパニック障害を経験した人は、どんな症状でどういう風に過ごしていたんだろう?知りたいな」

こういう風に思ったことはありませんか?

私もパニック障害になっていた時、

PUCHIPUCHI

「今日も寝たきり状態で何もできなかったな。。。。本当に良くなるんだろうか?」

って思っていたことがありました。

発作が落ち着いている時に色々検索しても、病院が書いている記事はあっても、
個人ブログでパニック障害になって、

どのようなことを感じて
どのように克服していったのか
どんな毎日を過ごしていたのか

っていうブログ記事に巡り合えず、
こうやって暗闇の中進んでいることに対して孤独を感じたことがありました。

その時にパニック障害を克服した方のブログにたどり着けていれば、
きっと仲間意識が芽生えて、「絶対に治る」と信じて頑張れるのになと思ったんです。

私は、パニック障害になった時の過去の自分に向けて日々ブログを書いているんですが、
今実際にパニック障害で苦しんでいる方々の支えになれたら嬉しいです。
よろしければ見てみてください。

スポンサーリンク
Contents
  1. 責任感・正義感強めの私が経験した「パニック障害」まとめ

責任感・正義感強めの私が経験した「パニック障害」まとめ

パニック障害「自己肯定感が低かった私の経験談」まとめ【心の内を記事にしました】

パニック障害の「治し方」や「やると良いコト」っていうのは、
ググればすぐにわりと出てきますが、

パニック障害になった人が
どんなことを考えたり、感じていたのかっていうのは、
あまりすぐには出てこないですよね。

私がパニック障害になっていた時、
「克服できる」という光を何とか探し出したくて、
ネットで色々探していたんですが、

3か月や半年で治った方の情報はわりと出てきても、
年単位で療養していた人の「心の内をさらけ出した記事」っていうのがなかなかなくって。

なので、
克服までに3年ほどかかった私のエッセイ的な記事をまとめてみました。

パニック障害「お悩み解決記事」まとめ【約3年療養した私のノウハウです】

パニック障害になると、
できないことが一気にバババっと増えていきませんか?

私はできないことがめちゃくちゃ増えました。

  • 電車に乗れない
  • 歯医者に行けない
  • 美容室に行けない

などなど。

これらの「できなくなったこと」に対して、
どうやって克服していったのか、できるようになっていったのかの記事をまとめています。

日常ができないことだらけになってしまったら、
一度ご覧ください。

パニック障害「心の修復記事」まとめ【色んな角度からアプローチです】

パニック障害になって、
心が簡単に修復できないくらい壊れてしまっていることを実感しました。

こんな状態になるまで自分を大切にできなかったことが
情けなくて、みじめで、最初は本当に辛くて大変でした。

でも、「その状態を受け入れて治していこう!」と決意したのですが、
その道のりは本当に長く大変なものでした。

私なりの心の治し方を書いた記事をまとめています。
自分を大切にできている自信がない方にも読んでいただきたいです。

パニック障害「療養中に良かったモノ」記事まとめ【とにかく試すことが大切です】

パニック障害と診断されてから何度か薬を飲んだりもしたのですが、
体調が良くなるどころか悪化する一方だったので「薬に頼らずに治す」ことを決めました。

その時からずっと「自律神経に良い」と言われるものは、
ありとあらゆるものを自分で試しては体調がどう変化するのかチェックしていたんですが、
私が療養中に「これは良かったな」と思ったモノを集めたまとめ記事です。

パニック障害療養中の方、
パニック障害じゃなくても、自律神経が良い状態の方、
何かヒントになることがあるかもしれません。

ぜひ一度見てみてください。

【効果的】パニック障害の発作を早くおさめる4つの対処法

パニック障害で「怖いもの」というと、私の場合「いつ来るかわからない発作」でした。
自分の心の状態がどうであれ、瞬間的に発作がくるからです。

パニック障害を知らない方からすると、

「今まで笑って会話できてたのに、一瞬にして具合悪そう、、、、大丈夫かな」って驚くほどだと思います。

発作を何度も経験していく中で、
「これをすれば少し大丈夫」ってことがわかってきたんです。

私なりの発作の抑え方を書きました。
どーにもこーにも発作がピークまで行っちゃうって方は一度見てみてください。

【実体験】「夢中」はパニック障害を克服する

療養中、この「夢中」がなければ廃人になっていたかもしれないってくらい、
私の心に生きる力を与えてくれていたものでした。

生きていく中で、「夢中になれることがあるのは幸せ」ってよく言いますが、
それが療養中に夢中になれることがあれば、本当に心が奈落の底に落ちなくて済みます。

「夢中になれたこと」があったおかげで、
勇気が出たり、「今の自分は最悪ではない」って自分を励ましたりできたと思っています。

克服するために底力を出したい方は是非ご覧ください。

3年で完治させた私が語るパニック障害初期にやっていた9つのコト

克服に「3年」という月日が遅かったのか早かったのかわかりませんが、初期の頃にやっていたことをまとめました。

総じて言うと、

 

いかに「心の負担」をなくすか

 

というのがとっても重要です!

初期は特に、出来なくなることが急激に増えて、
迷惑かけたと自分を責めたり、自分にショックを受けたり、情けなく思ったり心の中がぐじゃぐじゃでした。

そんな時期に、やっていたコトを書いています。
よろしければご覧ください。

 

【パニ障療養中】夫に協力してもらっていた4つのコト

パニック障害になった時は、結婚して間もないころでした。

それまで、
私はフルタイムで仕事をしていて、家事も仕事も全て全力で頑張っていたんですが、それができなくなったんです。

いきなり、色々お願いして協力してもらっていたんですが、
今振り返ると、よくイライラせずに協力してくれていたな。。。と本当に感謝の気持ちが止まりません。

夫の協力がなければここまで回復することはできなかったかもしれません。

夫にお願いして協力してもらっていたことをまとめてみました。

【パニック障害になりやすい人?】私はこんな「性格」でした

パニック障害になった時、「なりやすい性格」ってあるのかな?という疑問がありました。

この病気になるまで、「まさか自分はそういった病気にならないだろう」と思ってたので、
パニック障害になって自分でも驚いたんですよね。

でも、「自分の性格」を振り返った時に、
そりゃストレス感じるよな。って思ったんです。

自己肯定感低めの方、責任感が強めで真面目の方、一度ご覧になってみてください。

克服した私がやっていたパニック障害中の運動4選

「運動」って私好きじゃなかったんですが、パニック障害で療養中に少しずつ運動を始めました。

運動って楽しいかも、、、

と初めて感じました。笑
運動すると心が安定するんですよ。

体が動かせそうなら、無理せずに初期から少しずつやるのが良いと思います。
運動嫌いな私が好きになったものを紹介しています。

よろしければご覧ください。

スポンサーリンク

【経験談】パニック障害になってから仕事復帰できるサインとは?

療養生活が長くなってくると、
体調がやや安定しだして「元気だった頃の体調」と「今の体調」の差があんまりわからなくなってくるんですよね。

でも、胸を張って「私、来月から仕事できます!」と言える自信もない、、、。
どんな感じまで行けば仕事復帰できるんだろう?と、思いながらパニック障害後期を過ごしていました。

その中で、私の中で決定的な変化があり、そのサインに従って復帰をしました。

今思えば、それは「社会復帰できるサイン」として間違いなかったなと思えたので、記事にしてみました。
よろしければご覧ください。

【3年完治の私が語る】パニック障害中期にやっていた7つのコト

パニック障害初期を乗り越えた後、
「しばらくは仕事に行けないけど、なんとなくパニック障害中の過ごし方がわかってきた」という時期を迎えました。

今思えば、中期が一番長かったかもしれないです。

治っているのかわからない毎日。

せっかちな私は焦ることもありました。

そんな中期にやっていたことを7つまとめました。
よろしければ、ご覧ください。

【完治5年の私が語る】パニック障害後期にやっていた5つのコト【ここまできたらもうすぐです】

治っているのかどうかが測れない中期を抜け出し、やっと後期に。

後期になると、
ゆるりとできることが増えて、毎日「楽しい」と思える時間が増えてきます。

心に余裕が出てきたら、社会復帰の準備です。
よろしければご覧ください。

パニック障害になって「音」に敏感になっていませんか?【聴覚過敏】

パニック障害になってから「音」に敏感になりました。

話し声、雑音、物音

気になるようになりました。

家にいる分には、自分が対策すればある程度大丈夫になりますが、
外に出るとそうも言ってられなくなります。

音に敏感になっていた私がしていたことについて書いてみました。
同じような状況の方、ぜひお読みください。

【決定版】パニック障害におススメな6つのヨガポーズ【筋肉をほぐしましょう】

パニック障害中み出会って良かったと思えたものが「ヨガ」でした。
本当に心も体調も変わっていったんです。ゆっくりですけど。

「ヨガ良いよ」と言っても、
クラスに通うのはハードル高いですよね。

おすすめポーズを動画とともに6つ紹介しています。
よろしければご覧ください。

 

【共感できる?】20のパニック障害あるある【責任感強めの私が感じた独自あるある】

パニック障害になって苦手になったもの、できなくなったものが結構あり、
「あるある」として書いてみました。

完全に私の視点でのあるあるなんですが、
共感できる箇所があると嬉しいです。

【厳選】パニック障害の方に喜ばれるプレゼント7選【パニック障害経験者が選びました】

身近な人や家族がパニック障害になったと聞いたら、
「回復の助けになるものを何かプレゼントしたいな」と思うと思います。

症状の内容はわかっても、回復には何が良いのかっていうのは具体的にわからないものですよね。

私が療養生活を通して使ったものや役だったもので、
本当に役立つプレゼントを選んでみました。

よろしければご覧ください。

【完全手引】パニック障害のサポートの仕方 7箇条【実体験から本当に助かるサポートを解説】

大切な人がパニック障害になったら、
回復のために何かサポートしたい、しなくちゃ!と思いますよね。

でも、心の病気なので、
良からぬ方向のサポートだと体調が悪化するってこともなくはないのです。

そこで、私が家族にサポートしてもらって感じた、
「嬉しかったサポート」「助かったサポート」について書いてみました。

よろしければご覧ください。

 

【パニック障害】前に進む力が欲しいなら「頑張っている人」を見ると良い話【今この瞬間も必死に頑張っている人はいます】

パニック障害中、自由に過ごせない毎日が辛かったんですが、
「頑張っている人」を見ていくうちに、自分の心の向き方が変っていった実体験の話を書いてみました。

体はまだ不調でも心だけは前を向きたい方、
前に進む力が欲しい方は見てみてください。

スポンサーリンク