考えるネコ

「バリ島のトイレってウォシュレット付いてるんだろうか、、、」
「使い方がわからないトイレってあるんだろうか、、、」

こんな疑問にお答えします。

バリのトイレは日本と同じようなところもありますが、
違う様式の所の方がほとんどなんです。

今まで色んな海外に行っていますが、

「日本のトイレは神」

と、心底本気で思います。
見た目的にも使い心地も、気持ちよく使える所がほとんどですよね。

この記事を読めば、心の準備がある程度できるので、
実際バリ島に行った際の戸惑いがなくなり、使い方がわからないってこともなくなります。

バリ島累計滞在40日以上の私が解説しますので、
安心してご覧ください。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

バリ島でトイレに困らないために解説します【日本とは常識が違います】

バリ島でトイレに困らないために解説します【日本とは常識が違います】

トイレットペーパーは「ない」のが普通

前提として、
バリのトイレは「トイレットペーパーが付いている方が少数」と思っておいた方が良いです。

その理由は2つあって、

  1. トイレに紙を流せないから
  2. バリ人はウォシュレットで洗い流して終了だから

でも観光客はそうもいかないですよね。
なので、自分でティッシュを持っておくというのが必須です。

多くのトイレはゴミ箱が付いている所が多いので、
使用した紙はゴミ箱に入れましょう。

のっけから日本のトイレ習慣と違いますが、トイレ自体のスタイルも結構違うものが多いです。

大きく分けると、3種類ありますね。

  • ウォシュレット付トイレ
  • 井戸付トイレ
  • 和式風トイレ

これらの使用方法について、順に解説していきます。

ウォシュレット付トイレ(キレイ度:★★★)

  • ホテル       (紙は流せる所が多い)
  • ショッピングモール (紙は流せる所が多い)
  • イケてるレストラン (紙は流せない所もある)

これらに多いトイレで、
一番安心して気持ち良く使えます。

私が行った時、ホテルやショッピングモールは使用したトイレットペーパーを流せる所が多かったですが、
レストランになると流せないところもあるといった感じでした。

ゴミ箱の有無で流せるのかどうかを判断した方が良いですね。

ただ、「ウォシュレット」にちょっと違いがあります。

トイレにシャワーホースのようなものが繋がっていて、
それを自分の手で調節しながら洗い流すといった感じ。

言葉よりも動画の方がわかりやすいと思うので下記をご覧ください。

バリのウォシュレットはこんな感じ

こちらの動画はタイのウォシュレットですが、バリも変わらないです。
水圧強って思いますが、どこもこんな感じなんですよ。

私はなんだか服にも水が飛び散ってしまいそうで、怖くて一度もウォシュレット使いませんでした、、、、。

井戸付トイレ(キレイ度:★☆☆)

画像がなくて申し訳ないですが、
「洋式の便器があって、井戸と桶があるタイプ」ですね。キレイ度は低いです。

  • マリンスポーツする施設 (紙は流せない)
  • 海沿いのレストラン   (紙は流せない)

中心地から離れた場所にあるお店に多い傾向があります。

最初トイレに入って、井戸を見た時「?」って感じで、
どう使うのが正解かわからなかったんですが、

井戸がある = 「水が流れないトイレ」

なんです。
なので、自分で流すんですよ。

「井戸付トイレ」使用方法

トイレを使用した後、
使用した紙はゴミ箱に捨て、桶に水をくみ便器に水を流す

こういった感じになります。

スポンサーリンク

和式風トイレ(キレイ度:★☆☆)

こちらも画像がなくて申し訳ないですが、
「日本の和式トイレのような便器があって、井戸と桶があるタイプ」です。キレイ度はめちゃめちゃ低いです。

  • ウブドなどの田舎の地方
  • コンビニ

田舎の地方や、コンビニとかに多いかもですね。

「和式トイレのような」と書いたのには理由がありまして、
日本で和式トイレに入る時は、壁に向かってしゃがむのが普通ですが、
バリではドアに向かってしゃがみます。

つまり、向きが逆なんです。
便器の水がはっている箇所が謎に壁側なんですよね。

使用方法

先ほどとほぼ変わりませんが、

ドアに向かってしゃがんで用を足して、
使用した紙はゴミ箱に捨てる。

そして、
井戸から桶を使って水をくみ便器に水を流す

これが正しい使用方法です。

潔癖でも「バリ式トイレ」は慣れます

潔癖でも「バリ式トイレ」は慣れます

ここまで読んだ潔癖寄りの方は、
「汚いトイレ多いんだ~。。。。。バリ無理かも、、、、。」って思うかもしれません。

特に日本のキレイなトイレに慣れている方、
日本のトイレが普通だと思ってる方だとそうなる傾向が強めかもです。

でも、大丈夫。

実は私、日本にいる時はわりと「潔癖タイプ」なんですよ。

近くにトイレがあっても、そこがキレイじゃなかったら、
多少歩いてでも「キレイなトイレ(デパートのトイレが好きです)」に行きますし、
汚れたトイレしかなかったら、我慢することもあります。

でも、海外に出るとなぜか諦めがついて受け入れられるようになるんです。

「ここしかトイレないからしょうがない、、、、」

とかではなく、
その状態でも当たり前のように使えるというか、、。

この記事をご覧になって、
「うっ、、、バリってそうなのか、、、、」と思うかもですが、
心配は要りません。

慣れるんで。笑

海外で日本の「清潔さ」を再認識する

海外で日本の「清潔さ」を再認識する

バリ島に行くたび本気で思うんですが、

「トイレの機能性を上げてキレイ(色やデザイン全て含め)に作ろう」と思った日本人、
すごいと思いますし、心から「そう思って、作ってくれてありがとう!!!」って思います。マジで尊敬。

それくらい、
アジアのトイレって衝撃を受ける場所が結構あるんですよね~。

バリでトイレに「キレイさ」を求めるなら、やっぱりホテルやショッピングモールに行くのが一番です。

キレイである日本に感謝しつつ、
色んな世界を見ていきましょう!

世界を知ると、日本の良さがよりわかるようになります!

スポンサーリンク