考えるネコ

「パニック障害に音楽が良いって聞いたけど本当かな?」
「良いなら聞いてみたいけど、どんな音楽が良いんだろう?」

こんな疑問にお答えします。

私はパニック障害で療養中、
数えきれないくらい音楽にお世話になりました。

発作が出そうな時、ちょっと体調が安定しない時、安心して寝たい時。

こんな時に心を柔らかくしてくれたのは音楽でした。

もし、パニック障害になっている方で
音楽の効果を感じたことがない方は、一度試していただきたいって心から思います。

よろしければご覧ください。

パニック障害には音楽が効果的!2つの理由【実際に私が聴いていた音楽も公開】

パニック障害には音楽が効果的!2つの理由【実際に私が聴いていた音楽も公開】

昔から、音楽を聴くことはストレスの軽減に効果があると言われていますよね。

それはなぜか。

実は、人間の脳は、本能的に音楽を「快」と感じるようにプログラムされていることが明らかになりました。
音楽を聞くことで、自律神経のバランスが整い、体がちゃんと働くのはこんなメカニズムがあるのです。

自律神経の第一人者である小林弘幸医師もこのように書いている通り、
人々にとって音楽を聞くというのはこんなメリットがあるんですね。

実際、私は仕事やプライベートで辛いことがあった時など、
好きな歌を聴いて立ち直る力をもらえたり、たくさん音楽に支えられてきました。

そして、パニック障害でも音楽に支えられてきました。
その理由はコチラ。

  1. ネガティブ思考を止められる
  2. 発作を加速させずにすむ

その理由を順に解説していきます。

1.ネガティブ思考を止められる

音楽に集中するだけで、ネガティブな妄想を止められるんですよ。

パニック障害になっている時は、こんな思考が24時間ずっとでした。

 

たくさんの不安が自分の頭や心に渦巻いていて、起きてもいないことを予想しては、
また余計に不安になって体調が悪くなる

 

心も体も健康な人からすると理解できないと思いますが、
これが行き過ぎて夢にまで出てくる始末。

夢の中で不安が現実になって怖いという恐怖が極まって、
夜中突然恐怖で起きるってことが何度かありました。

だけど、
音楽のメロディーに集中し、湧き上がる不安を一切無視してとにかく音楽に集中すると、
ネガティブな思考が止まり、心がだんだんと柔らかくなっていくんです。

気を抜くと、またネガティブが湧いてくるので、
また集中しなおす。

こんなことを繰り返していました。

ネガティブを考える時間が少しでも減るだけで、
心に安らぎが訪れるんです。

2.発作を加速させずにすむ

1つ目に紹介した理由と少し似た部分がありますが、
パニック障害の発作を早期に落ち着かせることができるんですよ。

これにおいても、方法は「曲に全集中」です。
発作に焦点がいってしまうと一気に発作が大きくなっちゃうからです。

発作が頻繁にある時期は、
静かな場所に移動してイヤホンで聞き、発作が爆発しないように鎮めていました。

私は、音楽がなかったら初期段階で発作をおさえられていなかったんじゃないかと思うくらい、
出かけるときに欠かせないものの一つでしたね。

今の時代はiPhoneに入れてすぐ聞けるので便利ですよね。
本当に本当に助かりました。

詳しくはこちらの記事でも書いていますのであわせてどうぞ。
>>【効果的】パニック障害の発作を早くおさめる4つの対処法

それでは、次におすすめの音楽をご紹介していきますね。

「パニック発作の時」におすすめな音楽

「パニック発作の時」におすすめな音楽

音楽には好みがあるとは思いますが、
参考までに私が発作の時に聴いてた音楽を紹介したいと思います。

これまでに何度も紹介していると思うんですが、
発作の時はこれが一番落ち着きました。

  • テンポがゆっくり(気が早まらない)
  • 音の重なりがあまりない音楽(うるさくない)
  • 心の中で歌いやすいメロディー(曲に集中しやすい

これが好きなポイントです。

先ほども書きましたが、発作を拡大させずに早く落ち着かせる近道は、
意識を発作にフォーカスさせずに、音楽にフォーカスさせることなんです。

歌いやすい(覚えやすい)メロディーだと、
意識を音楽に向けやすいので、発作が起きた時は無条件にこの音楽でした。

「穏やかに寝るため」におすすめの音楽

「穏やかに寝るため」におすすめの音楽

私が寝る時に求める音楽には条件がありました。

それがこちら。

  • 【条件1】ピアノの音
  • 【条件2】テンポがゆっくり
  • 【条件3】水の音や自然の音が入っている

理由は、
今まで海外旅行に行った時にマッサージやスパに行った時に、
心地良すぎて寝てしまうってことがあったんですが、
その時に流れていた音楽が、上記挙げた条件に当てはまっているものでした。

パニック障害になってから不眠にはなりませんでしたが、
スパを受けている時のような「リラックスの末に寝てしまう」っていう安らぎが欲しかったので、
音楽を聞こうと思ったんです。

それらをitunes探してたどり着いたのがこちら。

  • 究極の眠れるピアノ – リラックス快眠BGM|Sleep Piano

こちらの音楽は、
夜発作が怖くてなかなかすぐに寝付けない時も、この音楽を片耳イヤホンで聴いていると
いつの間にかスーっと寝れちゃう、そんな安らぐ音楽でした。

未だに、心をリラックスさせて寝たい時にはたまに聴いたりしていますね。
正直、あんまり人気なさそうな感じあるんですが、私的にはかなり安らげるお気に入りの音楽です。

そして、無料で安らぎを手に入れたい方は次に紹介する音楽も良いんじゃないかな?と思います。

 

  • 自律神経を整える音楽~【幸せのセロトニン】森と水の静かな時間で副交感神経を優位にしリラックス状態にする~|Quiet time of forest and water

 

こちらは、この記事を書くにあたってYouTubeで探したものなんですが、
私の好み的に安らぐ感じがありましたね。

無料公開の音楽だと、音質が少し粗めに感じる部分もあるので、
気になっちゃう方は、今の時代ならサブスクとかで探すのが良いかもしれません。

Amazon Music Unlimitedは、
自律神経のプレイリストや瞑想のプレイリストもなにげに豊富にあるんですよ。
無料期間内に退会すれば、お金かからずに自分の好きなリラックス系音楽をとことん聞いて試せます。

 自分の安らぐ音楽が何かわからないって方は、
サブスクから始めた方が他の音楽も聴けちゃいますし、リラックス系の音楽も探せるしお得かもしれないですね。

 

Amazon Music Unlimited:月額980円のところ、3か月無料聴き放題キャンペーン中(※7/21まで)

 

私がパニック障害になってた時はサブスクがなかったんで、
安らぐ系音楽を探すのがちょっと大変でした。

お試しで聴いても、フルで聴いたらなんか違ったって結構あったんで、
結果いくつもアルバムを買ったりしましたね。

だけど、今はサブスクあるし、しかも無料で試せるって、、、、。。

便利な時代になりました。

是非、パニック障害の不安定な時期には音楽も使ってみてほしいと思います。

 

「パニック障害」まとめ記事はコチラ
↓ ↓ ↓
責任感・正義感強めの私が経験した「パニック障害」まとめ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク