こんにちは!PUCHIです。

先月、韓国旅行に行ってきました。
韓国旅行に出発する2日前に、私たちが旅行する日程が旧正月(ソルラル)で、連休だってことを知ったんですよ。
でも、キャンセルするわけにいかないし、その事実を受け入れ覚悟して行きました。笑

現地に行ってみて実際に感じたことを書きたいと思います。

スポンサーリンク

旧正月を避けた方がもっと楽しめると思った、たった1つの理由

今回、私は旧正月前日である1月24日(金)〜旧正月当日の1月25日(土)までの期間で旅行しました。

旧正月に旅行して感じたこと、、

それは、開いているお店が限られている ということ。

それなりに楽しめましたが、旧正月じゃなかったらもっと楽しめたかもなーとも思いました。

なので、
これから韓国旅行を検討されている方には「旧正月は避けた方が良いよ」ってオススメしますね。

その状況について詳しく書いていきます。

旧正月は連休になる

旧正月の日にちは毎年変化しますが、だいたい1月下旬から2中旬頃。
旧正月当日と前後の日を合わせて3日間の連休があります。

今年2020年は1月25日(土)でした。
前後の日を合わせて休日になるので、1月24日(金)〜1月27日(月)が連休だったんです。
(27日(月)は振替休日)

来年2021年は2月12日(金)
なので、2021年2月11日(木)〜2月14日(日)が連休になるそうですよ。
(2月14日(日)は単に日曜なので休み)

旧正月前日:まぁまぁお店は開いている

今回、明洞と東大門に行きましたが、こんな印象。

明洞 : それなりに営業しているお店がある(旅行として楽しめる)
東大門 : 営業しているお店がとっても少ない(少しもの足りなさを感じるかも)

明洞

メイン通りに立ち並んでいるお店は全て営業していて、
営業時間短縮もなく、22時近くまで営業しているお店がたくさんありましたね。

ロッテ免税店は連休に入っていました。
セフォラに行くのが韓国に行った目的だったんですが、免税店やってなかったんでセフォラ行けず。。。。
フェンティビューティ見たかったですねぇ。。。。

夜の屋台も営業していました。
多分10種類くらいの屋台が繰り返し道の真ん中にずらっと並んでる感じなんですが、
全部夜遅くまでやってましたよ!

スポンサーリンク

東大門

道沿いにあった屋台は営業していましたが、路面店(建物の中でやっているお店)はほぼ営業していませんでしたね。

車通りもほぼなく歩いているのは観光客ばかり。
地元の方っていうのは店番をしている人くらいで、何か用事があって東大門を歩いている地元民はほぼ見なかったです。

そして、東大門では「陳元祖補身タッカンマリ」に行ったんですけど、
そのお店がある所はタッカンマリのお店が集結しているエリアなんですが、私が行ったお店以外は営業してなくって、ひと気が全然ありませんでした。

普段だったら長蛇の列のようなんですが、
こんな状況なんで待ち時間なしですんなり入れたので逆に狙い目と言えば狙い目かもしれないです。笑

「陳元祖補身タッカンマリ」についてはコチラに書きましたので、よろしければご覧ください。

東大門といえば市場も有名だと思います。
今回は時間の関係で行けませんでしたが、おそらく休業の所が多そうな雰囲気でした。
というのは、地下鉄の駅直結のお店もほとんど休業されてたからですねー。

旧正月当日:開いていないお店も目立つ

旧正月当日は、明洞と金浦空港のすぐそばにあるロッテモールしか行ってないんですが、その状況について詳しく書いていきますね。

明洞

明洞のお店は基本的に短縮営業が多かったです。

具体的には、
「11時から」とか「11時半から」営業開始のお店が多かったですね。

CHICORやオリーブヤングで最後の買い物をしたかったんですが、「11時から」とか「11時半から」の営業で、飛行機の時間もあったんで行けずに終わりました。

コスメや洋服のお店だけじゃなく、ご飯屋さんも10時くらいから開いている所はほぼなかった印象です。(お休みに入っている空気を感じました)
唯一早い時間から開いている所が、メイン通りの近くに「神仙ソルロンタン」という牛骨スープのお店だったんですけど、朝ごはんを食べようとする方の長蛇の列ができていましたね。

ロッテ免税店はもちろんお休み。

なので、9時から11時くらいまでは行く場所がなく、スタバとか開いているカフェで過ごすか、ホテルでのんびり過ごすしかないかなーっていう印象でしたよ。

ロッテモール

ハイブランドのお店は休業に入っていて、ハイブランドがあるエリアは入れないように柵がありましたね。

それ以外のエリアはやっていましたよ!
韓定食のレストランでご飯を食べたり、オリーブヤングで最後の買い物を楽しんだりできました。

旧正月当日でやっているお店が少ないからか、韓国の家族連れの方々がたっくさんいらっしゃいましたね。

さいごに

こんな感じで、
よりによって旧正月にぶつけての旅行になってしまったわけなんですが、

印象として、
観光客が多く集まる場所は旧正月も営業していてそれ以外は通常通り旧正月の連休に入る印象でした。

旧正月でなければ、「狎鴎亭」や「弘大」、「江南」なども行きたかったんですけど、
初日に免税店が休業に入ってしまっていることがわかり、
「おそらく明洞以外はお休みなんだろうな、、、、」って思って、時間も限られているし行きませんでした。

私、身体があんまり強くないので、結果的にはこのようなペースで旅行できたことは良かったんですがね。

こちらの記事が何か参考になると嬉しいです。

韓国旅行のまとめ記事はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

スポンサーリンク