我が家は転勤族で、プロフィールでも書いているんですが今年北海道から東京に引っ越してきました。

今回の転勤は結婚してから2回目。
これからもだいたい3〜4年おきに転勤がある予定です。

夫が転勤のある仕事だと言うと、色んな人に

 

「地元から離れるの嫌じゃなかったの?」
「家買えないのキツイね」
「友達と会えなくなるのさみしいしょ?」
「転勤する可能性があるってこと、結婚する時に悩まなかったの?」

 

など、色々言われます。

ですが、
そもそも、私の父親も転勤が多い仕事で一緒に転々として育ってきたので、
地元っていう概念があまりなく。どこを地元と言って良いのかもわからないです。。。笑
なので「離れたくない」と思うほどの地元愛というのがそこまでないんですよ。

そして、マイホームの夢もなく、
友達は北海道の中でも色んな所に散らばっていること、
また友達に頻繁に会うタイプでもないので、転勤に関してネガティブなイメージはなかったんです。

むしろ、
私自身が札幌なら札幌でずーっと生きるってことが想像出来なくって。
ずっと同じ地域に住んでると、ふとした瞬間に「ここ飽きたな、、」って感じちゃうんです。
環境は変えたいタイプだから転勤自体は性に合っていると思っていました。

そんな転勤妻向きの私だったんで、寂しくなっちゃうことはないんじゃないかと思ってたんですが、
初めての転勤で「孤独」をすごーく感じた時期がありました。

今日は、その孤独感からどうやって脱出したのかを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

引越してわりとすぐ孤独感が募る

最初の転勤は札幌から函館でした。
私の両親も、夫の両親も札幌に住んでるんですけど、

「転勤と言っても北海道内だから、さみしくなった時は気軽に札幌に帰れるしー♪寂しくならないんじゃないかなー」

って思ってたんです。

でも違いました、、、、!!!!!

函館に越してすぐ、家の近くを散歩してみたんですが、昼間道を歩いていても若い世代の人が歩いていなくって。歩いているのはお年寄りばかり。

そういう街だってわかっていたはずだったし、覚悟をしていたつもりだったんですが、活気があるとは言えない環境に実際に行くと戸惑いましたね。

 

初めての転勤で家族や知り合いが一人もいない場所。
話し相手は夫しかいない。

 

夫は新天地での仕事が忙しくって休日出勤を繰り返す日々。

今まで札幌では、
休みの度に一緒に映画に行ったり、買い物に行ったり、
美味しいものを食べに行ったりしてたんで、その差にうまく心が着いていかず。

「夫だって新しい環境に慣れるのが大変なんだ」

と、頭ではわかっているけど、
朝夫を見送って夜まで一人っていう毎日が悲しくなっていきました。

そして、引っ越して1ヶ月経った頃、ついに情緒不安定に。
一人で過ごしている時、何があったわけでもなく突然泣きそうになったり、漠然とした不安に駆られたり、とにかく寂しくて悲しくて。。。
映画見たりして気を紛らわそうとしたって紛れないんですよ。

そう。病んでました。

心に与えたストレスは結構あったみたいで、その月、人生で初めてストレスで生理がきませんでした。

転勤する時、
親が「いつでも帰ってきて良いし、電話しても良いんだからね」って言ってくれたんですけど、
心配を掛けたくなくてメールでは函館を楽しんでいる風に装っていました。

でも、生理がこなかった現実を受けて、
「これはやばい。もっと病んだら戻ってこれなくなる」と思い、「この孤独感から脱出しよう!」と決意したのでありました。

孤独から脱出した方法

この孤独感から脱出するために、いろいろなことを試してみました!

①夫に心の中を全て話した

夫も新しい環境で大変そうだったんですが、家でその大変さを話すってことは一切なくて。

だから、
私の心の中を話すことが余計負担に感じさせてしまうんじゃないかって思って躊躇したんですけど、
このまま一人でずっと抱え込んじゃうともっと迷惑を掛けちゃうと思って、
悩んだんですが、素直に話しました。

PUCHIPUCHI

「○○(夫)が新しい職場で大変そうなのはわかってる。でもちょっと聞いて欲しいことがあるんだ」


と言って、
函館に来てから毎日孤独を感じていること、
そのストレスで生理が来なかったこと、
できればもう少し夫婦で楽しめる時間を持ちたいこと 

を伝えました。

すると、

夫

「休日出勤ばっかりで、夫婦の時間を取れなくてごめんね。○月になったら落ち着くと思うけど、それまではちょっと調整するね」


と言ってくれ、
それ以降、休日出勤するにしても朝から夜まで行くのではなく、
お昼から夜までとか、夕方から行くとか調整してくれるようになりました。

と言うのも、
夫は職場の上司から「転勤したら奥さんが鬱になっちゃうってパターンって多いから、気にしてあげなよ」って言われていたみたいなんです。
その上司は、函館に来る度に私のことを気にしてくれていたみたいで、本当に感謝でした。

②仕事を始めた

もともと函館に行ってから働くつもりだったんですけど、
コンビニや工場の仕事はたくさんあったんですが事務の仕事が全然なくて、、、、。
探して働くまで2ヶ月くらいかかりました。

夫の扶養内で働いていたんで、
6時間勤務で週3〜4回と少なめではあったんですが、
仕事を始めると一人で考え込んじゃう時間がなくなるので良い気分転換になりましたし、早く函館に慣れることができたんじゃないかなーって思います。

函館の人の印象って、
「思いやりはとってもあるけど、ちょっと気が強めでグイグイ来る感じ」だったんです。
(札幌にいた時に出会っていた函館の方達がそういう人が多かったんでね。。。)

私内向的なんで、
グイグイ来る感じの人に圧倒されちゃうんですよ。そういう人達にちょっと怖い印象があって。

実際函館に住むと、やっぱりそういう感じの人たちが多かったんですが、一度打ち解けると強力な味方になってくれるっていうか。
本当に温かい方が多いっていう印象に変わりましたね。

そして、幸運なことに、
同い年の同僚もおり、他愛もないことや時に深い話を話せる大切な友達になりました。
働いていなかったら、出会えなかった人たちだったのでこれは大きかったですね。

スポンサーリンク

③散歩

街に慣れると孤独を感じにくくなるんじゃないかと思って、散歩を始めました。

家から歩いて行ける場所って限られてますけど、
それでも色んなお店や場所を発見すると「今度夫とここに来たいなー」とか思って、夫に共有していました。笑
楽しみが増えて良かったですよ!

あと、
札幌の道ってだいたい碁盤の目になっているので、道を間違ってもすぐに右折とか左折をすれば挽回できるんですけど、函館の道ってすごく複雑なんですよ。坂多いし。
なので、ここの道は繋がっていないんだな、とか「道を知る」と言う意味でもメリットがありましたね。

④ジムに通う

今まで楽しみを夫と共有していたんですけど、

自分自身の目標を作ればそのことに夢中になれるので、一人ぼっち感が薄れるかな?

って思って、身体を引き締める目標を作ってジムに通いました。

なぜジムのチョイスになったかと言うと、夫と一緒に通えるからです。

具体的にはこんな目標を立てていました。

  • 太もも裏からお尻にかけて引き締める
  • 年を重ねた時に貧相にならないように、肩と二の腕をもう少し筋肉質にしたい(瘦せ型なので)
  • 腹筋を縦に割る

私運動が好きじゃなくって、
目標を立てたものの、最初はジムに通うのが面倒くさくってあんまり気分が乗ってなかったんですが、
ジムに通って鍛えるうちにくびれが出来てきて、腹筋にうっすら縦線が入るようになってきたんです!

身体が変わっていくのがわかると、どんどん楽しくなって行きました。

楽しくなっていくと、
仕事が終わってから通うようになって生活にハリが出たり、食べるものが野菜中心でヘルシーになったりと、良いことづくめ!

一人ぼっちだと感じることもだんだん少なくなっていきましたね。

最後に

一人ぼっち感から脱出する私なりの4つの方法を書いてみました。

一番心が軽くなったのは「夫に心の中を聞いてもらう」ってことだったんですけど、
「ジムに通う」ってことも、自分の目標に夢中になれたのと夫とその目標を共有出来たので良かったですね!

今年、転勤で函館から東京に越してきたんですが、
函館にいた段階で東京で働く場所を決めていたんで、引っ越してきてすぐ働き始めました。
刺激がたくさんある場所だし、仕事もすぐ始めたので「ぼっち感」は皆無です。
私、順応性高い方なんで、転勤に慣れたってこともあると思います。笑

スポンサーリンク