具合悪い人

「周りの人にどう思われるかが気になって、良い人やりすぎてるな。。。その結果、自分の心の枯渇感がえぐい、、、。これってどうしたら良いんだろう?」

こんな疑問にお答えします。

本記事を書いている私も、かつては自分の思いにフタをし続けながらも「良い人」をし続けていました。
その結果、自分の気力が搾取され続けているように感じて、枯渇感で病みそうになった経験があります。笑
ですが最近、そのループから脱出。

この記事を読めば、きっと世界が変わり、心落ち着き毎日がやわらかく穏やかなものに感じられると思います。
同じように枯渇感があり、このループから脱出したい方、是非ご覧ください。

スポンサーリンク

「良い人」になりすぎて枯渇感に見舞われている人へ【先に自分を満たしましょう】

「良い人」になりすぎて枯渇感に見舞われている人へ【先に自分を満たしましょう】

社会生活で、自分の気力が搾取され続けるような感覚(枯渇感)がある方、自分の心に折り合いつけるのに苦労していませんか?

これまで、枯渇している感じがあった私はこんなことを思いながら他人にギブしまくっていました。

いやー、傍から見るとかなり「良い人」だったと思います。
だって嫌な顔、態度せずにずっとギブしまくっていたから。でも心の中は全く違った、、、。

この構図だと、病み方向にまっしぐら
どんなに頑張ってもいつまでも枯渇感はなくならないです。

根本を変えていきましょう。
詳しく書いていきますね。

枯渇感の原因はコレ

枯渇感が生まれてしまう原因は何だと思いますか?

 

自分が満たされていないカテゴリの気力を他人に分けているから。

 

これが答えです。

コップに入った水をイメージしてほしいんですが、
水が満杯になっていないのに、他の人に水を分け続けてしまうとお水はすぐ無くなっちゃいますよね?


感じている枯渇感はいわばこんな状態なんですよね。

「自分が満たされていない心のカテゴリ」の水を分け与え続けていても、いつまでたってもカラカラな状態で潤うことは一生ありません。
そして、これをし続けると、人を良いように利用する人(テイカー)の餌食にされやすいので要注意です。

今まで私、結構利用されることが多かったんですが、コレだったんですよねぇ。。。
やっと学びました。笑

溢れた分をギブすれば良いだけ

では、枯渇感なく他人にギブできるカテゴリはどういったものかと言うと、、、

  • 自分が満たされていると感じているカテゴリ(見返りがなくても何も感じないカテゴリ)

これなんです。
満たされたカテゴリであれば、心のお水は溢れている状態なので、溢れ出たお水を他人にギブしてもへっちゃらです。
仮に、もしお水が少なくなったとしても、自分で生み出すことができます。

例えば、
料理好きで料理することで心が満たされている人は、料理で人にギブすることはカンタンですし、ギブすることに対して頑張る気持ちは生まれないですよね。
なので、この人は料理で他人にギブをすれば良い。

また、自分のことをちゃんと愛せている人だったら、他人に優しくしたり、愛を分け与えることに見返りを求めることもなく、頑張らずにできちゃうので枯渇感は生まれないんですよね。
自分の愛でコップの水をまた溢れさせることができるから。

あなたがギブしていることで枯渇している感じがあるなら、それは、そのカテゴリで心がまだ満たされた状態ではない。と認識することができますね。

スポンサーリンク

まず「自分の心を満たす」こと。そして「自分を愛す」こと。

ここまで読んで、「そうか、、、自分が満たされているカテゴリって何だろう?」とわからない方がいるかもしれません。

そうしたら、まずは優先して「自分の心を満たすことに注力する」のが枯渇感を消す近道です。

自分の心の満たし方

こんな感じで、自分の心をそのままに行動するって感じですね。

  • テレビやSNSを見て「食べたい」と感じたものがあれば、それを食べに行く
  • 眠いと感じたら何時であろうと寝る
  • 「これやってみたい」と感じたものがあれば、やれることからチャレンジしてみる
  • 趣味に好きなだけ没頭する時間を作ってみる
  • 遊びに誘われたけど、ちょっと行きたくないと感じたから断る

これはわがままでも、自堕落でもありません。
自分を犠牲にして仕事ばかりしてきた方などは、少し躊躇したり戸惑うかもですが、こうやって自分の心の欲望を叶えてあげることで心のコップをお水で満たすことができるんです

 

自分を満たすこと=自分を大切にすること

 

なので、これを続けていくとじきに「自分を愛せる」ようになってきます。(ご理解いただけているとは思いますが、ナルシストとは違います!w)

自分を愛すことができたら、だいたいのことは自分で満たせるようになってくるので無敵ですよ。

満たされている人は「人を許せる」

溢れ出た分だけをギブしている人は気持ちが満たされているので、人を許すこともできるんですよね。

 

必要以上に自分のコップのお水をギブしていない = 見返りを求めていない

 

こういった構図になり、自分を犠牲にしている感覚もありません。
多少「え?」って思うことがあっても、心に余裕があるので許せちゃいます。

こうなれば、もう人生イージーモードですよ。本当、日常で起こる大抵のことが許せます。仏ですね。

人生が驚くほど生きやすくなる

ここまで書いてきた内容は、実際に私が経験して感じたことなんですが、自分を愛せるようになってから、驚くほど生きやすくなりました。

  • 枯渇感
  • 満たされない気持ち
  • 認められたい気持ち

こういった重めのエネルギーからは開放されたというか、めちゃめちゃ重いリュックをおろしたようなそんな感じです。

それはやっぱり自分で自分のことを満たせるようになったこと。自分を愛で包めるようになったことが大きいと思います。

人に対して思うことが少なくなった

これまでの人生、人のペースを待ってあげること、理解できるまで付き合って教えてあげたり、察することが苦手な人に何かしてあげたり、そういった優しさで包んであげることが正直苦手で、すぐにピリついてしまっていました。キツめの人でしたねぇ。。。

自分を愛せるようになると、心のお水の源泉を自分で生み出すことができるので、エネルギーを取られている感じってなくなるんですよ。

源泉の生み出し方がわかってから、ピリつきが一切なくなり、人を優しさで包めるようになったんです。
これまでの私を知っていた人からすると、許せる範囲がものすごく広がったので、仏になったんじゃないかと感じると思うほどだと思います。笑

もし、日々生きていて枯渇感がすごいって思うのであれば、自分を満たすこと、自分を愛すことから始めてみてください。
きっと、生まれ変わらずして世界が見違えるように変わっていくと思います。

まだ人生30年ちょっとでの答えですが、これが枯渇感をなくす近道だと感じました。

スポンサーリンク