苦手

在宅ワークってメリットしか感じないよな~。通勤ないし、誰かに仕事遮られることないし、もくもくと集中できるし、、、。逆に在宅を止めた方が良いと思うほどのデメリットってあるのかな?

こんな疑問にお答えします。

本記事を書いている私は、
現在、フルリモートで在宅秘書の仕事をしています。

この仕事に就くまでは、
一般的な通勤を伴う仕事をしていたんですが、

毎日決まった時間に仕事をしなくちゃいけないことだったり、
波風立てないように職場で人間関係を作ったりすることがめちゃくちゃ面倒に感じるようになり、
フルリモートの仕事に変えました。

人と関わる事に疲弊しちゃう私は
「フルリモートにはメリットしかない」ぐらいに思っていましたが、
実際働いてみるとメリット100%ではないことに気付いたんです。

今回は、断然フルリモート向きの私が感じる、
在宅ワークのデメリットについて書いていきたいと思います。

この記事を読めば、
「フルリモートの仕事」の現実がわかり、
「通勤がある仕事」と「在宅ワーク」
自分がどちらに向いているかがわかりますよ!

それではどうぞ!

スポンサーリンク

【在宅ワーク半年で感じた!】フルリモート5つのデメリット

【在宅ワーク半年で感じた!】フルリモート5つのデメリット

最初に私が感じたデメリットをお伝えするとこちら。

  • 太陽不足になりやすい
  • 運動不足になりやすい
  • 姿勢がどんどん悪くなる
  • 仕事とプライベートの境目がなくなりやすい
  • 孤独を感じるかもしれない

予想できる答えだったかもしれませんが、
実体験を元に具体的に書いていきますね。

太陽不足になりやすい

「朝起きてすぐ仕事を開始できる」というのも考えものかもしれません

「自宅=仕事場」だと、
「朝の太陽に浴びる」という、
今までは必然的にやっていたことができなくなっちゃう可能性があります。

というのも、
朝起きて身支度ができたらその場で仕事を開始できちゃうんですよね。

自宅で仕事ができることを良いことに、
こんな感じで朝は過ごしているんですが、、、、

起床

身支度

洗濯などの家事

夫の朝食準備

片付け

掃除

仕事

仕事を始めるのが、だいたい10時とか11時くらい。
何も考えず、目の前の家事に追われていると、
その時間まで外に出たりしないんですよね。

なので、
自らの意思で外に出る時間を作らないと、
本当に太陽不足になります、、、!!!!

太陽を浴びることで体内でビタミンDが生成され、
セロトニンやメラトニンが分泌されますからね。
太陽を浴びる事は本当に大切なんですよ。

私は、朝起きてすぐベランダに出て太陽にご挨拶するようにしていますが、

通勤するお仕事は、無意識に朝の太陽を浴びているので、
「理にかなっている部分があるなぁ」としみじみ感じる部分でもあります。

運動不足になりやすい

行動範囲が「自宅の中」になる

フルリモートのお仕事をして、
一番最初に感じた部分でもありますが、
気を抜くと一瞬で運動不足になります。

やっぱり仕事をしていると、
グッと集中してしまって、
気付いたら夕方16時近くになっているってことがザラなんですよね。

そうすると、
通勤で歩くこともしていない、
社内を歩いたり、階段を上り下りするなんてこともなく、

当たり前ですが、行動範囲はめちゃ狭くなるんですよ。

自分の部屋 → キッチンもしくはトイレ

こんな感じで。

体力を付けるのは大変ですが、
体力が落ちるのは一瞬。

1日街歩きしただけで、
足がピクピクする

なんてことになってしまいました。

今はまだ東京は35度とかあったりするので、
散歩なんて気分にはなれず、、、

時間がある時に宅トレをするくらいしか、
まだ対策は取れていません。

スポンサーリンク

姿勢がどんどん悪くなる

他人の目がないとだらけてしまう

一般的な会社にいれば、
誰かに見られているので、
「仕事中姿勢を大きく崩す」なんてことはできませんが、

在宅の仕事であれば、
良くも悪くも他人の目がないので「自由」です。

私、本当気を付けていないと
PCに向かっている時の姿勢がめちゃ悪くなっちゃうんですよ、、、、

自分で思うに猫背がひどすぎなんで、
姿勢矯正ベルトを買いました。笑

コレです。コレ。

星飛雄馬的な感じで、
わりとキツめなゴムで背中を矯正してもらってます。

このベルトすると、
ちょっと神輿担ぐ人みたいな見た目で、
わっしょい的な感じもあり、面白すぎなんで、他人には見せられません。笑

夫

それ、本当に効果あるの?

夫に半笑いで聞かれましたが、
効果あると思いますし、自分の意思でどうにもできないなら背に腹は代えられません。

ベルトしてる時に姿勢が悪くなったら、
ゴムがキツイんでうっ血的な状態になるんです。

うっ血状態を感じたら「あ、姿勢悪くなってるんだな」って気付けるので、
これを繰り返して意識付けをする、という意味では効果があると思いますね。

仕事とプライベートの境目がなくなりやすい

気づいたらいつまででも仕事をしている

一般的なパートのお仕事だと就業時間があり、
その時間を大幅に超えてお仕事をしたり、
帰宅後にお仕事をすることってそこまでないと思います。

そういう目線で見れば、
仕事とプライベートの境目がハッキリしてますよね。

ですが、在宅だとお仕事を始めるのも止めるのも自分次第。

特に私は超集中して仕事しちゃうので、
最初は止めるタイミングがつかめず、
こんな感じになっちゃう時もありました。

一回今日のお仕事は終わりにしたのに、
その後のやり取りが気になってチャットワークを開いて、
返答があった仕事の続きをやってしまう

一般的な仕事だと、
帰宅したら完全に仕事以外の時間にできますが、

在宅だと、仕事上のやり取りが見れちゃうので境目がなくなりやすい。
というのが、デメリットだったりしますね。

ここまで家で仕事することを望んでおいてなんですが、
私は完全なプライベートの時間を絶対に確保したいタイプなんです。笑

なので、
スマホのチャットワークアプリの通知を完全にオフにしたり、
PCを開いていると通知音鳴ったりすることもあるので、
音をミュートにしたりして、
邪魔されないように色々試行錯誤しています。

孤独を感じるかもしれない

最後に挙げたこちらは、
現在はそれほど感じてませんが、
「そういうこともあるかもしれない」という観点で書いてみました。

私は人付き合いで色々考えすぎちゃう傾向なので、

一般的な「会社に通勤して働く」ということ自体が、
結構、疲弊レベル高めのことなんですよ。

なので、フルリモートになって、
月1くらいのzoomで業務ミーティングをするぐらいが、
今は丁度良いんですが、

  • 「人と適度に話したい」
  • 「旦那さんだけが話し相手」

こんな状況がキツそうであれば、
孤独を感じることもあるかもしれません。

私も、今は丁度良いと思っていますが、
今後、人付き合いに対しての価値観が変わって孤独感じるかもしれませんしね。

 

以上、在宅ワークでのデメリットについて書いてみました。

デメリットを挙げましたが、
やはり私は、このデメリット以上にフルリモートメリットを感じてますね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク