悩んでる人

「学校生活窮屈に感じていたけど、これってみんな同じじゃなかったの?」
「人より繊細で漠然とした生きづらさを感じてたけど何なんだろう?私だけなのかな?」

このように思ったことはないでしょうか?

私自身、学生時代漠然とした窮屈さを感じていて、早く大人になって自由に生きたいって思っていました。
ですが、大人になってみてもその窮屈さは形を変えて存在し続け、「この感覚は何なんだろう?」という思いを友達に話したところ、「HSP」という性質があることを知りました。

この記事を読めば、
「人に理解されない」と感じていた思いが、自分だけじゃないかもしれないと心が軽くなるはずです。

5分くらいで読めちゃうので、まずは少し読んでみてください。

スポンサーリンク

その生きづらさHSPじゃないですか?【セルフチェックテスト有】

まず、HSPって何?って思いますよね。

HSPとはハイリー・センシティブ・パーソンの略で、
簡単に言うと、超敏感、超繊細な人のカテゴリーの名称です。病気ではありません。

繊細ゆえに受け付けられないものが多かったり、こだわりが強くなってしまうので、
発達障害やアスペルガーと勘違いされたりしますが違います。

実は、植物や動物にも見られる個々の特徴でもあり、5人に1人はHSPに分類されると言います。

こんなことを思いながら生きてきました

PUCHIPUCHI

「どうせ言っても理解されないしな、、根性がない、我慢できない人って思われそうだしな、、、」


と、HSPを知るまで漠然とした窮屈さを抱えながら生きてきました。

例えば、
人があまりにもたくさんいる場所に行くと、突然吐き気に襲われて倒れてしまったり、
集団でいる時間が長くなればなるほど、神経すり減ってSOS的に「早く一人になりたい」と思っちゃうので飲み会が苦手だったり、、、、

そのため、不特定多数との人付き合いが超苦手です。
人と話すのは、まぁ楽しめるんですが、自分でもわからないけど科学的に説明できないような体調不良が頻繁にあるんですよね。

 

体調不良の原因を説明しても理解されないだろうし、引くだろうな、、、、

人と付き合わない方が説明しなきゃならない機会も減るし楽かな、、、

 

いつからかこういった思考になり、
自分から積極的に人と絡んでいくことがなくなりました。

他には、
人の思ってることが瞬間的にわかっちゃったりするので、その思いに勝手に沿った受け答えをして自分の意見を言うことを我慢しちゃったり。
とにかく繊細なので、他人の何気ない愛を感じない一言にひどく傷ついてしまって、自分としてはすぐに切り替えたくても、そこからどうしても抜け出せません。

細かなことに気づきすぎちゃうし傷つくことも多いので、悩みやすいんですよね。

普段の仕事での接客は良い感じにできるし成約率も悪くないのに、ロープレした瞬間に実力を全く発揮できないとか。

「なんでー????」って自分でも思うことがいっぱいでした。

そんな中、数年前に友達から「それって多分HSPだと思うよ」と教えてもらい、セルフチェックテストをしてみたところ、
「質問ほぼ全て私のこと?」と思うくらい、ほとんどが当てはまる結果だったんです。

PUCHIPUCHI

「だから大勢と過ごすのがこんなに大変って感じるんだ!」
「私と同じ感覚を持つ人は他にもいるんだ!」


と、なんだか心が晴れたような感覚になると同時に嬉しくなったのを覚えています。

この私のエピソードを見て、「私もHSPかも!?」と思う方、
次項でセルフチェックテストを紹介しているので、良かったら実施してみてください。

HSPセルフチェックテスト

全27問中、14項目当てはまればHSPの可能性が高くなります

下記は、HSPの提唱をしているエイレンアーロン博士が作成したチェックリストです。

 

【セルフチェックの手順】

  • 少しでも当てはまったらチェック
  • あまり当てはまらない、全く当てはまらない場合はチェックを入れない

※英語から日本語に直訳されている部分もあるので、ちょっとわかりにくい表現もあります。。。

 

感覚に強い刺激を受けると容易に圧倒されてしまう
自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ
他人の気分に左右される
痛みにとても敏感である
忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる
カフェインに敏感に反応する
明るい光や、強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などにに圧倒されやすい
豊かな想像力を持ち、空想に耽りやすい
騒音に悩まされやすい
美術や音楽に深く心動かされる
時々神経が擦り切れたように感じ、一人になりたくなる。
とても良心的である
すぐにびっくりする(仰天する)
短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう
人が何かで不快な思いをしている時、どうすれば快適になるかすぐに気づく(たとえば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)
一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ
ミスをしたり物を忘れたりしないよういつも気をつけている。
暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている
あまりにもたくさんのことが自分の周りで起こっていると、不快になり神経が高ぶる
空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる
生活に変化があると混乱する
デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
同時に自分の中でたくさんのことが進行すると気分が悪くなる。
動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
大きな音や雑然とした状況など強い刺激に悩まされる。
仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる
子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた

※http://hspjk.life.coocan.jp/selftest-hsp.htmlより引用

スポンサーリンク

仲間がいると知ることで心が軽くなる

自分が感じている生きづらさって「HSP」って性質だったからなのかな?と思った方がこの記事を見てくださっていると思うのですが、

今までどこか孤独に感じていた感覚が「自分だけじゃ無かった」とわかって少し安心しませんでしたか?

私もHSPの傾向が非常に強くって、日々の生活に苦労していました、、、笑

この性質は、生まれ持ったものなので変えることはできませんが、
同じことを感じている人が意外といるんだと思うと、仲間ができたような気になり嬉しくなりますよね。

「5人に1人の割合でいるなら会社にも、学校にも、ご近所さんにも1人はいるはず!」と思うと、
自分だけなんだと重く孤独に感じていたことが、「悩んでも仕方ないか!他にもいるんだもん。」と軽く受け止められるようになってきます。

HSPの人が人生いきやすくするためには?

デフォルトで生きづらさを持っているHSPさんですが、私の経験から、より生きやすくなる方法を書いていこうと思います。

仕事は「得意」を生かすことにフォーカスする

あなたの「得意」なことはなんでしょうか?

繊細で周りの環境に影響されやすいHSPさんは、得意な仕事、特技を生かす仕事が良いと思います。

よく、HSPは人の気持ちがわかるのでカウンセラーとか、接客する仕事向いているとか書かれてますが、私の場合、人の気持ちに寄り添いすぎて体調を崩しちゃうので向いてません。笑

私の場合、仕事における得意なこと、長所はこんな感じ。

  • 細かな仕事でも正確にスピード感を持ってこなすことができる
  • 複数タスクを同時にこなすよりも、一つのタスクに集中して仕事をする方が好き
  • 人より集中力がある

HSPと気付くまでは接客業しか経験なかったのですが、
接客業は複数タスク同時進行当たり前だし、不特定多数相手にする仕事なので完全に自分の心を無視して仕事をしていました。
性格的に完璧主義傾向が激強めなので、「出来ないこと(不得意なこと)をなくしていきたい」って思いの方が強かったんですよねぇ~。

だから、毎日精神的に疲労困憊でヘロヘロになりながら帰宅していました。

そこから、HSPと気づいてから事務仕事に完全シフト。
モクモクと片っ端から自分の仕事をこなしていくのが自分の性に合いすぎていて、タスクを計画通り終えた日には超絶快感と思うほどです。笑

ひかえめに言って、精神的にかなり楽だし、純粋に楽しいと感じられています。

やっぱり、色んなものに影響されやすい分、自分の心がまっすぐでいられる仕事が良いと思いますよ。

「得意」な方に完全シフトすることは「逃げ」じゃないし、「努力」を諦めたことにはならないです。

安心して、得意を伸ばしちゃいましょう!

 

スポンサーリンク