こんにちは!PUCHIです。

先月、韓国に行ってきたんですが、大々的な目的は「スニーカーを買いたい」ってことと「リアーナコスメを買いたい」ってことでした。

で、その他に韓国に行ったら絶対食べたいものがあって。

それは「陳元祖補身のタッカンマリを食べること」

タッカンマリとは、韓国版水炊きです。

もともと鶏も好きですし、白湯スープだったりサムゲタンも大好きなんですけど、
以前、元サッカー選手の前園真聖さんが、アナザースカイで現役最後の場所だった韓国を訪れた時に行っていたタッカンマリのお店を見て、「絶対に食べたい!」って思ってたんです。

今回1月24日(金)〜25日(土)での旅程だったんですが、
韓国に行く2日前くらいに25日(土)が旧正月だと知りまして。。。。
だいたい、24日〜26日はお店も休みと書いていたんで、こちらのお店もやっているか本当に心配で心配でー、、、、、。

調べると、旧正月当日(25日)はお休みと書いてたんで、前日の24日(金)に行きました。

5年越しで念願のタッカンマリ。本当に美味しかったですよ。

現地の人たちにとって「タッカンマリ」ってそこまで有名じゃないらしく、東大門以外の地域で「タッカンマリ」と言っても通じないみたいなんですけど、
日本人の舌に合う、とっても優しい味(かといって味が薄いわけじゃない)なんで、韓国に行くならオススメしたいグルメの一つなんです!

スポンサーリンク

「タッカンマリ」なら、韓国東大門の「陳元祖補身」をオススメする5つの理由

メニューに日本語の記載がある!

席についた時点でメニューを渡されて、追加メニューを選ぶスタイル。
メニューは基本的に韓国語で書かれていましたが、それぞれのメニューの横に日本語で書いてあったので、ハングル読めなくても問題ないです!

メニューの写真を撮りたかったんですけど、すぐにメニューを回収されちゃって写真撮れずでした。。。。

価格はこのようになってました!
ゼロ一つ取ると、だいたいの日本円価格になります。

メニュー名 価格(ウォン)
タッカンマリ(2人前)
※えのき、トッ(餅)、ネギ入り
22,000
追加メニュー 価格(ウォン) PUCHI的オススメ度
うどん 2,000 ★★★
ジャガイモ 2,000
トッ(餅) 1,000 ★★
ライス 1,000

私的に追加メニューのオススメはうどんとお餅なんですが、
お店的にオススメはうどんとジャガイモみたいです。

私たち北海道出身の生粋の道産子なんですが、ジャガイモ(フレンチフライ以外)の水分取られる感じが苦手なんで、うどんだけ追加オーダーしました。
うどんは稲庭うどんのような細平麺で、鶏を食べて満腹状態でもスルスル食べられましたよ!

すぐに食べられる!

入店すると、テーブルにはすでに鍋や付け合わせのキムチやタレに使うニンニクやタデギ(食べる唐辛子的なもの)が準備されていて、
席に着くやいなや、アジュンマ達(おばさん)がテキパキと鍋に火をつけたり、取り皿を準備してくれたり、鶏を切ってくれたりと、無言で用意してくれます。

鍋には、すでに60%くらい火が通っている鶏、トッポギ、えのき、ネギが入っていて、
煮立ってから5分くらいで食べられるので、韓国を短い時間でたくさん楽しみたい方でも、問題なくオススメできるお店だと思いました!

辛くない!

私自身、辛いものもいける口なんですけど、
それでも韓国の唐辛子の辛さって食べ続けるのがちょっときつかったりするんですよ。

だけど、タッカンマリはスープ自体全く辛くなくって、つけダレに辛味があります。
自分でそのつけダレの辛さを調整しながら食べられるんで、辛いの苦手な方でも無理なく食べられるんです。

お店独自開発のトッ(餅)が美味しい!

この鍋を食べ進めて感動したのが、トッ(餅)が美味しいこと!

というのも、私お餅が苦手で自分からお餅を食べることは絶対にないんですよ。
味がないこと、あと、重い噛み心地って言うんですかね、噛むことを頑張らなきゃいけない感じが苦手なんですけど、
この鍋に入っているトッは、柔らかすぎず硬すぎずという弾力で、なめらかなんですよ。
そして、食べていても重い感じがなく、何か特徴的な味がついているってわけじゃないんですけど、単調なお餅の味ではなく、スープとマッチしていて美味しかったですねー。

後で調べてみると、独自開発をしているトッなんだとか。
純粋なお餅だけではなく様々な粉を配合することで、煮込んでも溶けずに最後まで楽しめるようになっているそうですよ!
本当に美味しかったです。

オモニの優しい接客

アナザースカイにも出ていた、こちらのオモニ。

この投稿をInstagramで見る

 

MAEZONO MASAKIYO(@maezono_masakiyo)がシェアした投稿

私達夫婦が行った時にもいらっしゃいました。

特に会話をすることはなかったけど、自分の子供かのように優しく接してくれるような温かさがありましたね。
とにかく私たちに対する目が優しく感じたんですよ。受け入れてくれている感じと言うか、、、、。
身振り手振りで食べ方を教えてくれたり、地元の方や中国人など、お客さんはそれなりにいたんですけど、常に私たちを気にかけてくれてたんです。

スポンサーリンク

今回、金浦空港からそのままこちらのお店に直行したんですけど、
地下鉄の駅だったり、地下鉄の中で流れる映像の中で日本のことが嫌いなんだなー、、、と感じるものが目に入ったので、冷たくされるんじゃないかと少し心配だったんですよ。

オモニの優しさを言葉ではなんとも言い表せないですが、オモニが温かく接してくれて本当に嬉しかったです。

基本の食べ方

タッカンマリの鍋自体は、生姜とニンニクが効いた塩味スープなんですけど、
鶏を食べる時につけダレをつけて食べるんですよ〜。

そのつけダレの作り方をオモニが教えてくれたんで、配合をご紹介!

オモニ直伝!つけダレの配合

醤油:酢:からし =1:1:0.5 +タデギをお好みの量(ここで辛さを調整)

タデギとは、こちら↓の唐辛子の調味料です。

スプーンに醤油、酢を一杯ずつ小皿に入れて、からしをスプーン半分、タデギを辛さを確認しながら少量ずつ入れるのが良いと思いますよ〜。

「陳元祖補身 本店」への行き方

行き方はとっても簡単です!方向音痴でもたどり着けますよ!

①東大門駅の9番出口から出ます
②そのまま道なりに直進し、屋台がずらっと並んでいる横断歩道も渡り直進。

③横断歩道を渡ったあと、一つめの小道(メガネ屋さん手前)を左折。

④道なりに50mくらい歩くと、左手にお店が見えてきます。

⑤店舗に近づくと、オモニがドアを開けて迎え入れてくれますよ〜!

「陳元祖補身 本店」基本情報

住所 ソウル特別市 鍾路区 鍾路5街 265-6, 1~3F 東大門タッカンマリ横丁 内 鍾路 252-11
最寄駅 地下鉄4号線東大門駅 9番出口 徒歩5分
地下鉄1号線鍾路5街駅 5番出口 徒歩5分
営業時間 10:00~24:00(ラストオーダー23:00)
休日 旧正月・秋夕(チュソク)の当日

 

韓国旅行のまとめ記事はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

スポンサーリンク